B型肝炎給付金に強い弁護士とは

B型肝炎給付金請求は2022年1月まで

イストワール法律事務所

 

もしあなたが過去の集団予防接種が原因でB型肝炎に苦しんでいたり、ご家族に肝がんや肝硬変で亡くなった方がいらっしゃるのなら、国からそれぞれのケースに応じた給付金を受け取ることができる場合があります。

 

B型肝炎給付金の受給にはさまざまな手続きが必要ですが、医療訴訟に強い弁護士さんに相談・委任することでB型肝炎給付請求の訴訟を無理なく起こすことができ、国からの給付金を受給できます。
給付金を請求することができるのは、2022年1月12日までです。
今すぐ、「相談料無料」「着手金無料」「調査費用無料」のイストワール法律事務所へ相談してください。

 

 

【B型肝炎給付金とは】


B型肝炎給付金は、7歳になるまでに、集団予防接種等(昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に限る)の際の注射器の連続使用により、B型肝炎ウイルスに感染した方と、その方から母子感染した方(これらの方々の相続人を含む)に対して、病態に応じ50万〜3600万円等をお支払いするものです。

 

給付の対象となる方の認定は、裁判所において、救済要件に合致するかどうか、証拠に基づき確認していくこととなります。
このため、この給付金を受け取るためには、国を相手とする国家賠償請求訴訟を提起して、国との間で和解等を行っていただく必要があります。(厚生労働省HPより引用)

 

 

【B型肝炎給付金の受給対象者】

<一次感染の方>
@昭和16年7月2日〜昭和63年1月27日生まれの方
A満7歳までに集団予防接種等を受けた方
B現在B型肝炎ウイルスに感染している方
C一次感染者である母親もしくは父親から感染した二次感染の方(母子感染および父子感染)
DB型肝炎で家族を亡くした方(相続人)

 

B型肝炎訴訟のことなら イストワール法律事務所

※かつてB型肝炎ウイルスに感染していると言われた方や現在は完治しているという方も給付金を受け取ることができる場合がありますので、ためらわずに弁護士へ相談してください。

 

 

【受け取れる給付金の金額】

◆死亡、肝ガン、重度の肝硬変
3,600万円

 

◆軽度の肝硬変
2,500万円

 

◆肝がんや肝硬変を発症して20年を経過している場合
900万円

 

◆慢性B型肝炎を発症して20年を経過していない場合
1,250万円

 

◆慢性B型肝炎を発症して20年を経過していている場合
治療中の場合⇒300万円
未治療の場合⇒150万円

 

◆無症候キャリア(感染者)で集団予防接種から20年経過していない場合
600万円

 

◆無症候キャリア(感染者)で集団予防接種から20年経過している場合
50万円+検査額

 

このほかにも以下の費用が支給されます。
@訴訟手当金として、訴訟にかかわる弁護士費用(上記給付金額の4%に相当する額)
A特定B型肝炎ウイルス感染者であることを確認するための検査費用

 

さらに、特定無症候性持続感染者の方には以下の費用も支給されます。
@慢性肝炎等の発症を確認するための定期検査費
A母子感染防止のための医療費
B世帯内感染防止のための医療費
C定期検査手当

 

厚生労働省

 

【給付金を受け取るまでの流れ】

給付金支給までの流れ

 

 

 

 

 

 

 

個人では難しいB型肝炎訴訟手続き

 

B型肝炎訴訟を起こし、国と和解の上で給付金を得るには、様々な手続きと書類が必要になります。もちろん、個人でもできないことはありませんが、どうしても専門的な知識と諸手続きを行わなければなりません。
ふだん仕事があったり、肝炎の療養をしている人にとっては、手間や煩雑性を考えると個人で訴訟を起こして給付金を受け取ることは、ちょっと難しいと言えるでしょう。
そういう面でも、訴訟のことは法律の専門家であり医療過誤に強い弁護士さんへ委任することが、いち早く給付金を受け取ることができる近道になります。

 

ただし、ここで注意してほしいことがひとつだけあります。
B型肝炎訴訟は、医療過誤を訴える裁判となるため、弁護士さんであれば誰に依頼しても同じ…ということにはならないんです。
離婚訴訟や交通事故、債務整理などを得意とする弁護士さんは多くいますが、医療訴訟に精通した専門的な知識と豊富な経験を持つ弁護士さんは、限られているのが現実です。
B型肝炎の給付金は、被害者を救済する役割を持っていますから、被害者に早く給付金が支給されなければいけません。

 

もしもあなたが、B型肝炎訴訟を起こし、一日も早く給付金の支給を受けたいのなら、まずは弁護士さんを慎重に選ぶことをおすすめします。

 

 

【B型肝炎訴訟に必要な書類】

 

厚生労働省では、B型肝炎訴訟を起こし、給付金を受け取るための各種手続きを設けています。証拠書類もそのひとつで、必要な書類が揃わない場合には給付金の支給が認められないことがあるので注意してくださいね。
個人でB型肝炎訴訟を起こすか、あるいは医療訴訟に強い法律事務所へ依頼するかは別として、まずは訴えるためには何が必要で、どうすればいいのかを知りたい人のために、厚労省のコメントとB型肝炎訴訟の手引きをご紹介します。参考にしてくださいね。

 

<以下は、厚労省HPより引用したコメントと手引書へのリンクです。>
B型肝炎ウイルスの感染経路は、集団予防接種等における注射器の連続使用以外にもさまざまなものが考えられるため、集団予防接種等における注射器の連続使用が原因でB型肝炎に感染したことの確認が必要です。この確認は、裁判所における司法手続(裁判所の仲介の下での和解協議)の中で、「基本合意書」に定めた救済要件に合致するかどうか、証拠に基づき判断されることになります。
この認定を受け、給付金を受け取るためには、国を相手とする国家賠償請求訴訟を提起して、裁判所の仲介の下で和解協議を経て、国と和解した場合に、社会保険診療報酬支払基金に申請書を提出いただくという手
順になります。
和解の仕組みや訴訟のために必要な証拠書類などは、「B型肝炎訴訟の手引き[PDF形式:1,217KB]」別ウィンドウで開くをご覧ください。

 

 

【実際に手引書を手にしたけど…】

厚労省が言う「B型肝炎訴訟の手引き」をダウンロードして手にしてみましたが、ほとんどが医療と法律、そして行政の専門用語の羅列でした。

 

「こんな手引書では、素人にはとても理解できない。厚労省は訴訟を起こさせないために、こんな難解な手引書を作ったのでは!?」と勘ぐってしまうほどの内容でした。
はっきり言いますね。
法律や医療に関して詳しい知識や経験がないという人、訴訟を起こした経験のない人では、いくら個人で訴訟を起こしてB型肝炎給付金の請求ができるといっても、現実にはほぼ無理です。
ですから、迷わずに医療訴訟に詳しい法律事務所へ相談し、弁護士さんへ一任した方が絶対に良いです。

 

当サイトで紹介しているイストワール法律事務は、相談料は無料ですし、報酬も成功報酬のみで着手金も感染証明の調査費用もいっさいかかりません。

 

また、B型肝炎の症状が出ている人には、弁護士さんへの成功報酬に関しても国から4%が支給されるので、イストワール法律事務所なら負担は3.8%で済みます。
また、3.8%の費用に関しても給付金から支払えば良いので、実質的に手出しは0円となるわけです。
B型肝炎給付金請求ができるのは、2022年1月までとなっています。早めの請求で、給付金をまちがいなく受け取るようにしてくださいね。

 

B型肝炎給付金訴訟に強い、相談料・着手金無料のイストワール法律事務所

 

 

イストワール法律事務所に依頼するメリット

イストワール法律事務所

 

時限立法であるB型肝炎給付金訴訟。
一部の法律事務所では「B型肝炎給付金訴訟なら当事務所へ…」と広告費を注ぎ込んでネットやTVでしきりにPRしています。

 

露出の多い法律事務所につい目が向いてしまいますが、気を付けたいのはその事務所が本当に医療訴訟を得意としているのか否かということです。多くの弁護士事務所は良心的に取り組んでいますが、一部には報酬欲しさに誇大なアピールをしている事務所もあるようです。

 

ここでは、イストワール法律事務所へ相談・一任するメリットをまとめてみました。

 

【イストワール法律事務所の3大メリット】

@成功報酬実質3.8%
イストワール法室事務所は「相談料」「着手金」「各種調査費用」などすべて無料に設定。成功報酬についても給付金の10%〜15%を成功報酬として設定している他の事務所が見受けられる中で、実質3.8%という良心的な額に抑えているのが特長です。また、無症候性キャリアの方では、実質6万円の成功報酬額としています。

 

A全国対応
イストワール法律事務所は全国対応。依頼人が希望すれば事務所での面談も受け付けますが、遠方や体力、費用の問題などで事務所へ出向くことが難しい場合には、電話やメールなどで相談や委任を受け付けています。また、ケースによっては出張も可能ということなので、遠慮せずに相談してみてくださいね。

 

B医療過誤など医療訴訟に強い
イストワール法律事務所の最大の特長は、大病院などが起こす様々な医療ミス(医療過誤)について、被害者である患者側の心身の健康や人間としての誇りを守るために、多くの医療訴訟を手掛けてきた実績を持っていることです。弱い立場の人に寄り添い、権利と正義を主張してきたイストワール法律事務所。医療訴訟に強いからこそ、本当に頼りになります。

イストワール法律事務所の概要

■事務所名
弁護士法人イストワール法律事務所

 

■所在地
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-13 ノーブルコート平河町403

 

■代表者
弁護士 多田 浩章 第二東京弁護士会所属

 

■営業日
9:00〜21:00(年中無休)
メールは24時間受付

 

■アクセス
有楽町線 麹町駅(1番出口)徒歩4分
半蔵門線 半蔵門駅(1番出口) 徒歩6分
有楽町線・半蔵門線・南北線 永田町駅(4番・5番・9B番出口)徒歩5分
銀座線・丸ノ内線 赤坂見附駅(永田町駅へ)徒歩8分

 

■相談料
無料

 

■費用
詳しくは相談時にご確認ください。

 

B型肝炎訴訟に強いイストワール法律事務所

 

 

トップへ戻る